EMR ACTUSEMR-9EMR-dTargetEMR-dFactoryEMR-dFactory

アイマーク解析ソフトウェア EMR-dStream

特徴

  • ARマーカによる頭部補正
    ARマーカが視野カメラに1点でも映っていれば、頭部補正が可能です。これにより対象物に対して視線の絶対座標が獲得でき、ヒートマップ表示、AOI分析*1なども短時間でスムーズに行えます。
  • 自由形状AOI分析
    AOI分析ではユーザーが任意に設定した領域に対して、視線がその領域に入った回数、時間を自動カウントします。EMR-dStreamでは自由形状の領域設定に対応しており、複雑形状の識別なども可能です。
  • 簡単なGUI
    EMR-dStreamはデータさえ入力してしまえば、簡単に解析、統計処理が行えます。流れるような作業で大量データを処理、管理ができます。

*1 AOIとはArea Of Interestの略。


主な仕様

入力 EMR-9データ
解析内容 停留点解析、ヒートマップ解析、フォーカスマップ解析、AOI解析
出力 解析図(停留点解析、ヒートマップ解析、フォーカスマップ解析、AOI解析)、AOI解析結果(注視回数、注視時間)グラフ/数値データ
AOI形状 定型(円形、楕円形、四角形)、自由形状

page top

解析例

停留点分析
停留点分析:
視線が停留していた順番を表示

視線データの停留位置、停留の順番と長さを表現しています。

停留点分析
ヒートマッピング:
注視頻度をヒートマップ(色温度)で表示

視線データの停留回数や停留時間を集計したものから色温度で表現しています。
または見たところだけを透過させる透明度マッピング(フォーカスマップ)での表現も可能です。

停留点分析
AOI分析:
指定領域に対しての視線分析

視線が指定領域に入った回数、時間を集計できます。
左図はAOI分析に停留点データを重畳したものです。

page top

  • お問い合せ
  • カタログ請求